altを入れて下さい

昔の大阪風俗嬢は大変だったでしょうね

近頃は割と気軽に風俗で働く女性が増えているといいます。 これは不景気のせいだとか、性に関するタブー感が薄れたからだとかいうのもあるでしょうけど、それ以上に医療の発達、ピルの普及なども関係しているのではないかと思っています。 完全にハンドサービスやリップサービスのみのお店であれば別ですが、素股や本番行為が有りのお店では、やはりコンドームを着用しても妊娠の危険はありますし、女性にとって望まない妊娠はとても恐ろしいことです。 ピルを正しく飲むことで、これがほぼ100%防げるようになりました。 また性病もごく一部のものを除けば、仮にかかったとしても治療することが出来ますので、ある程度は安心感があります。 でも昔はそうではなかったはずです。 今だったら、検査で早期発見後、通院のみでかんたんに治せるような性病でも命を落とすことはあったでしょうし、堕胎もかなり乱暴で確実性の低い方法でしか行えませんでした。 こう考えると昔の風俗嬢はとても大変だったのではないかと思います。 一部の花魁、太夫のような高位の風俗嬢は待遇も良かったでしょうけど、それでも病気になってしまえば終わりだったでしょうし、 それ以外の風俗嬢の扱いは酷いものだったと聞きますからね。